最新の記事

【ポケモン剣盾】【ガラル★ルーキーズ】最終4位 オーロンゲコントロール!【ダブルバトル】【ソード・シールド】

2020年1月28日

画像
実数値 H A B C D S
202 x 117 x 106 80
(252) (172) (84)
175 x 136 165 90 110
(236) (4) (76) (156) (36)
156 168 95 x 95 188
(4) (252) (252)
172 x 126 131 156 85
(252) (244) (4) (4) (4)
181 192 75 x 75 161
(4) (252) (252)
163 x 95 152 96 213
(252) (4) (252)

最初に

皆様こんにちは。アイスレジェンド@Kurohanolu というものです。今回はポケモン剣盾インターネット大会
「ガラル☆ルーキーズ」で最終4位という満足のいく結果だったので、構築の方を簡単に紹介したいと思います

使用者

アイスレジェンド @Kurohanolu

戦績

  • 公式大会ガラル☆ルーキーズ 最高1位 最終4位
  • Day1 9-2
  • Day2 9-0
  • Day3 12-4
IMG_20200128_085258
画像

構築経緯

ガラル☆ルーキーズは使用ポケモンが新規ポケモンとリージョンフォームのみと限られているため普段ランクバトルでは活躍が難しいマホイップが使えるのではないかと考え使ってみることにした

個別解説

オーロンゲ

Normal Sprite
持ち物 ひかりのねんど
特性 いたずらごころ
性格 わんぱく
H252B172D84
イカサマ でんじは
ひかりのかべ リフレクター

調整

  • HD C189ジュラルドンのダイスチル(130)を光の壁有りで耐え(93,7%)

特性「悪戯心」のお陰で先手で壁を貼ったり電磁波をばら撒くことができる優秀なサポート要員。
一応キョダイマックス個体なのだが大会中には一度も使うことはなかった。

ジュラルドン

Normal Sprite
持ち物 とつげきチョッキ
特性 すじがねいり
性格 ひかえめ
H236B4C76D156S36
りゅうのはどう ラスターカノン
ボディプレス 10まんボルト

調整 

  • H 16n-1(霰、キョダイサジン等の定数ダメージ最小限)
  • C 11n
  • D 余り

プールが狭いガラル☆ルーキーズ中では最強のポケモン。明確に倒せるポケモンはいないので使い得。「ボディプレス」はこのルールで一定数いるイエッサン+フォクスライにはかなり刺さったので搭載しておいて正解だった。

エースバーン

Normal Sprite
持ち物 きあいのタスキ
特性 もうか
性格 ようき
H4A252S252
かえんボール とびひざげり
バークアウト サイドチェンジ

このルールで3番目に早く「バークアウト」を撃つことができ全体的に重い鋼(特にダイオウドウ)を焼却するために採用。Hに4振ってしまったことによって偶数になり膝を2回割ると退場。「サイドチェンジ」は一度も読まれなかったので普通に強かった

マホイップ

Normal Sprite
持ち物 オボンのみ
特性 アロマベール
性格 ずぶとい
H252B244C4D4S4
マジカルシャイン めいそう
とける じこさいせい

調整 

  • H 2n(怒りの前歯1回で木の実発動)

このルールで1番使いたかったポケモン。専用技「デコレーション」で隣のポケモンを強化することができるが、マホイップ自身が遅いため上手く使うのは難しいと考えていた。そこで今回は詰ませ要員として採用することにした。「瞑想」や「溶ける」で積んだ後にキョダイマックスを消費させると殴りながら味方全体を回復させていくので非常に強い。記憶が正しければダイマックス中に倒されたことは1度もなかったはず

ヒヒダルマ

Normal Sprite
持ち物 こだわりスカーフ
特性 ごりむちゅう
性格 ようき
H4A252S252
れいとうパンチ フレアドライブ
ばかぢから いわなだれ

ごく普通のスカーフダルマ。ガラル☆ルーキーズは浮いているポケモンがアーマーガアとマタドガスしかいないため地面が一貫している構築が多く、岩雪崩を抜いて地震を採用しても良いと感じた。

ドラパルト

Shiny Sprite
持ち物 こだわりメガネ
特性 クリアボディ
性格 おくびょう
C252D4S252
りゅうせいぐん シャドーボール
ハイドロポンプ かえんほうしゃ

不安定な対ドラパルト(インテレオン)セキタンザン枠。稀に猫トリル構築にも選出したりする。選出率は断トツで最下位。

終わりに

8世代初のダブル公式大会で好きなポケモンと一緒に結果を出すことができ非常にうれしく思います。今までJCSやINC以外の公式大会はあまり関心がなく参加しないことが多かったですが、これを機に積極的に参加しようと思いました。最後まで見ていただきありがとうございました。

EPWAN7WUYAIHzO1
かわいい。

執筆者

アイスレジェンド  @Kurohanolu
ポケモン(ガラルダブル)、ガジェットツイート多め